持病をお持ちの方の歯科治療

持病のある患者様のお口の管理経験が豊富な院長による柔軟な対応

院長は大学病院や市民病院での勤務経験が長く、内科・外科・整形外科・耳鼻科・産婦人科・小児科・麻酔科など複数の医科の先生と連携して持病のある患者さんの治療やお口の管理をする経験が豊富です。


がん・糖尿病・心臓病・腎疾患・肝疾患・骨粗しょう症・リウマチなどの自己免疫疾患、など基礎疾患がある患者様への治療も柔軟に対応いたします。


「持病があるから一般の歯科医院での治療は難しいかも・・」といったご心配はなさらず、当院にお気軽にご相談ください。


完全個室でプライバシーが守られた空間で初診の際にお話をじっくりうかがい、お薬手帳や採血データを確認し、お一人お一人のお体の状態をきちんと把握してから、適した治療計画をご提案いたします。


必要に応じて、医科主治医の先生への診療情報提供を依頼し、診断・検査の結果、他の診療科での処置や対応が優先される場合や、より高度な医療施設での処置が必要と判断した場合には、大学病院や市民病院へご紹介いたします。


骨粗鬆症の治療を受けている・これから開始する患者様へ

骨粗鬆症治療薬(飲み薬・注射)には顎の骨に痛みや膿が出る「顎骨骨髄炎」「顎骨壊死」を起こしやすいものがあります。
整形外科で骨粗鬆症の治療中の方や、これから治療を始める方はぜひ一度、当院でお口のチェックを受けていただくことをおすすめします。


また、骨粗鬆症の治療中は、歯周病の治療や口腔ケアをしっかりすることが「顎骨骨髄炎」や「顎骨壊死」の予防になりますので、当院でお口の管理を継続することをおすすめします。