一般歯科

「一般歯科」とは?

虫歯・歯周病などの歯や歯肉の病気全般の治療のこと。
当院の虫歯治療・歯周病治療には3つの特長があります。

1. できる限り金属を使わない見た目もきれいで、歯や歯肉に優しい「歯を守る」治療
2. 歯科医師・歯科衛生士の全員が拡大鏡を用いた精密で侵襲の少ない治療
3. 痛みの少ない治療


当院は「歯や歯ぐきに優しい」「歯を守る」「白く美しい」治療を大切にしています

当院の最大の特徴は、保険診療の範囲でも、可能な限り「歯や歯ぐきに優しい」「歯を守る」「白く美しい」治療の提供をすることです。
 
皆様のお口の中に銀歯はありますか?
当院では、虫歯の治療を行う場合、保険診療でも自由診療でも、歯を守るためにできるだけ銀歯を使わないことを大切にしております。
保険診療と自由診療を比較すると、使う材質・材料・時間が異なるために、自由診療の方が「歯や歯ぐきに優しい」「歯を守る」「白く美しい」の点でかなり優れています。
 

被せ物を入れる為に、歯に立てる土台の部分に関しても、一般的にはメタルコア(金属の土台)を使う歯科医院もたくさんあります。
しかし、当院ではこのメタルコアはほぼ使いません。虫歯の状態にかかわらず、金属を使わないことで「歯や歯ぐきを守る」ことにこだわっています。保険診療ではレジンコア、自由診療ではファイバーコアを使用しています。
 
もちろん、保険診療の範囲では、保険ルールの制限からやむを得ず金属しか使えない場合もございます。
自由診療の場合は完全メタルフリー(金属を一切使わない)の診療ですが、出来る限り歯を守りたい、そのために金属をお口の中に入れたくない。
そんな患者様の思いに少しでも応えられる診療と、「歯を守る」ことにこだわっています。


痛みの少ない治療のために

皆様が歯科の治療が痛いと思われるの理由の1つは麻酔(注射)です。
麻酔の注射は「針を刺す時の痛み」「注射液を入れるときの痛み」が原因である事が多いです。
当院では痛くない麻酔をする3つの工夫を心がけています。


痛みの少ない麻酔のための3つの工夫

・痛みが少ない電動麻酔器ニプロジェクトⅡの導入
・針を刺す時の痛みを減らす手技の習得や表面麻酔の使用
・先の細い注射針の使用

当院では保険診療・自由診療どちらの場合でも、麻酔注射の無痛化に努めています。